もなか

欧州ど田舎暮らしで母国語のアウトプットに飢えているのでネットの森に穴掘って王様の耳はロバの耳

NINEがもう観たいみたい海外配信してよ倍払うから

 週末の一日目を何もしないでぼんやりと終えようとしていることに心底がっかりするし、何もしなかった自分にうんざりする。

 もっと頑張れるだろうもっと頑張らなければならない。休日だからこそ出来ることがあるのに、何をしているのだと考えながら、ぼんやり取りあえずチョコとお酒を嗜んでいたところにパートナーが来て、「どうしたのだ」と。

 別に何もないし、ちょっと疲れているし自分にうんざりしているし自分の人生にうんざりしているのだとついうっかり正直に答えてしまい、パートナーは傷ついた顔をして、「ありがとう、そんなことを言ってくれて」と仏人らしい皮肉な言い回しをしてから、「自分がいるのに」と言った。慌てて適当な冗談を言って誤魔化した。得意の笑顔で。

 こういう時に何て言うのが正解なのだろう。「いやいや、あなたがいるから私の人生は輝いている」だとか、そういうことを言えば良いのだろうか。自分の言語ではない仏語でなら口から出まかせで言えなくもないし、むしろ平気で言える。台詞を読むのと変わらないからだ。けれど自宅でも演技するのはしんど過ぎではないだろうか。ただでさえ私の人生は、外部に向けてもほころびが隠し切れなくなってきているというのに。それで相変わらず私はクソみたいな性格してんなとうんざりする。疲れた。だからと言って私が他者を傷つけていいということにはならない。なんだか全体的に疲れて、もう本当にうんざりだ。

 大分前にコメントで「白黒以外のグレーも愛せるようになるといいね」と言われたことがあって、なぜかそれをよく覚えている。グレーの部分を価値のあるものだと思い込むこと、そう振舞うことにも意義はある、それが生活というものだといった様な意だったと思う。確か、家族とは得体が知れない物だけに持つ気にはならない、けれどどうしようもない憧れも同時に抱えている気もする、といった様なことを書いたのかも知れない。

 正直なところ、そうまでしなければ守ることが出来ないグレーの部分など、本当に意味があるものとは思えなかった。そこまでしてやっと維持できるものならば、手を抜けばあっけなく壊れるだろうし、不確かすぎる。そんなものに常に気を砕いて必死で維持し続けることに、意味が見い出せる気がしなかった。いつか壊れて失うと分かっているものなら要らない。

 そしてふと今日、その言葉を思い出したんだった。今私がいるのは、あのグレーの部分なのだろう。ここにあるグレーは確かに、意味があると自分に言い聞かせて、守ろうとしてみるに値するものだと思える。気がする。ように感じるでもないと言えなくもないかも知れないよね、分からんけれど。パートナーはふわふわと柔らかくて優しいだけで、劇的な何かを与えてくれるでもないけれど、穏やかで平坦な何か、私を何か良い者の方に繋ぎとめてくれる人だと言う事だけは、理解してはいるのだ。優しい貴重な人だ。家族になる気はないけれど、きっと私には必要な人のはずだ。

 そもそもこの国は、同性婚を早い段階で成立させる面もあれば、結婚制度への重要視をいち早く手放したという奇妙な両面性を持つので、とても居心地の良いところがある。要はどうでも好きにすればいいし、他者の人生に干渉はしませんよという感覚が一般的に浸透していて、詮索もされなければ頼んでもいないのにメリットを語って勧められるということもないので、結婚願望がまるでない者にとっては大変気が楽なのだ。

 そうでなくても生きていくのは何というか、大変で苦しいばかりで重たいし、私の手に余ると青い頃から思っていても、まだ続いていく。しんどいな、さっさと辞めてしまいたいではないか、こんな実のないレース。

 でも知っている。レースをしないという選択も実はあるのだ。穏やかに手元のグレーを大事に育んでいくという生き方もきっとある。勝ち負けではないし、たった一人の誰かに存在を認めてもらえれば、もっと上に上にもっともっとレースに参加しなくても、恐らく人生は温かい柔らかいものに成り得る。と思いたい。でも私は勝ちたいのだ。認められたい求められたい認められたいの。でも誰に?たぶん最終的には自分に。分かっているのだ。そんな日はきっと来ないし、何をしても何を得ても私は満たされないし充分には成らない。

 誰かと会話したい。もうずっと会話に飢えたままだ。母国語で本音を言っても大丈夫な相手と、その後に持ち越さない関係で。例えば妹と。妹と。私の妹と。10年前に病んで死んでしまった。きっと彼女は「しょうがないなあ、もにちゃんは」といって笑って、毒にも薬にもならない温かい事ことを言って流してくれただろう。私もまた彼女の日々の鬱憤を流して翌日が来ただろう。

 その妹は未だに24歳のまま、私だけが年を取っていく。何も無い訳ではないし、色々と人生ゲームでゲットしてきた。でもいつも足りない。何かがいつも足りないままだ。

 あのコメントをくれた人は今でも、あのグレーの部分を守っているのだろうか。彼女の守っている本当はどうでも良いのかも知れないこと、価値が無いのかも知れない灰色のものたちは、今でも彼女に寄り添う空しい大切なものであるだろうか。きっとそうだと思うし、そうであって欲しいと心から思える。そんなことをふいに思い出した何もない土曜日。

 だからNINEを観たいと言っているのだ。評判が良すぎるだろう配信でもいいから観たいのだ。妹がまだ居たら、私が興味があると言う前に観てきたと自慢して来ただろうなと思いかけて、止めた。意味がない。意味がまるで無いから今日はパートナーにお酒を飲ませて、酔ったところにありがとう傍にいてくれて。私はクソだけれど、あなたは優しい何者かだというくっさい台詞を他国の言葉で伝えて終えるのが目標。

 言いたいのはこれだけ。とりあえず母国語で王様の耳はロバの耳穴に吐き捨てて、明日は別の日にしてしまえ。こうやってあと30年くらいは残っているのだろうか、何とか過ぎて行けば良い。言えるのはもうそれだけ。久しぶりにすごく飲んでしまったから

 

f:id:mxoxnxixcxa:20201123032752j:plain